FANDOM


ジョーズJaws


ジョーズ
Jaws
監督 スティーヴン・スピルバーグ
脚本 ピーター・ベンチュリー
カール・ゴッドリーブ
製作 デイヴィッド・ブラウン
リチャード・D・ザナック
出演者 ロイ・シャイダー
ロバート・ショウ
リチャード・ドレイファス
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 ビル・バトラー
編集 ヴァーナ・フィールズ
配給 ユニバーサル映画
公開 1975年6月20日 Flag of the United States[[image:テンプレート:Country flag alias CAN|border|25x20px|テンプレート:Country alias CANの旗]][[image:テンプレート:Country flag alias Japan|border|25x20px|テンプレート:Country alias Japanの旗]]
上映時間 124分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1200万ドル(概算)
興行収入 2億6000万ドル(米国)
次作 ジョーズ2
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

ジョーズ』(Jaws) は、スティーヴン・スピルバーグ監督による1975年アメリカ映画スリラー映画ホラー映画パニック映画など様々なジャンル分けがなされる映画である。第48回アカデミー賞作曲賞音響賞編集賞を受賞した。

原作は1974年に出版されたピーター・ベンチリーによる同題の小説(日本では早川書房から1975年に刊行)。

テンプレート:ネタバレ

概説 編集

平和なビーチを襲う巨大人食いサメホオジロザメ)の恐怖と、それに立ち向う人々を描いた作品。スティーヴン・スピルバーグの名前を一般に浸透させた映画のひとつである。

映画版の脚本は当初、原作者であるピーター・ベンチリーが書いたが、スピルバーグは「面白くない」と却下。自身が新たに書き直すもプロデューサーからの好評が得られず、スピルバーグは友人である映画監督カール・ゴッドリーブに依頼した。結果、原作の大筋をなぞりつつも、原作における専門的な部分(詳しい鮫の生態など)を極力抑えた娯楽作品に徹しており、「映画らしい派手な決着」「ブロディ署長に加えてフーパーも生き残る」などの変更が行われている。そのため、完成版を観たベンチリーは激怒し「こんなものがヒットするわけが無い。スピルバーグは一生B級監督だ」と罵り、逆にスピルバーグから「元が面白くないからこうした」との反論を受けた。ベンチリーは、舞台となった海水浴場から、人食いザメ出現のニュースを伝えるレポーター役で出演している。

マシュー・レオネッティ製作の機械仕掛けのサメは、スタッフ間で「ブルース」(由来はスピルバーグの知人である弁護士の名前から)と呼ばれていたが、ほとんどテストができないままクランクインされたため当初は故障が多く、撮影は予定をオーバーしてしまう。また、リアリズムを目指した完全オールロケ(ロケ地として採用された島はマーサズ・ヴィニヤード)での撮影は、フレームに少しでも余計なものが入ると即NGになるため、これもスケジュールを大きく狂わせる原因となった。撮影制作費も1000万ドルを突破し、企画当初に計上された額の3倍にも膨れ上がったため、一時は撮影中止さえ検討された。撮影終了したスピルバーグはマッカーサーの名言(『私は帰ってくる』)をもじって「二度と戻らん!」と宣言したという。

スピルバーグの作品では珍しく、子どもが死ぬ描写(鮫に喰われ、海へ引きずり込まれる。その際、子どもは抵抗する)がある。

あらすじ 編集

平穏なアメリカ東海岸の田舎町、アミティビレッジに突如出現した巨大人食い鮫。市当局が町の利益を求めるあまり対応が遅れ、多くの犠牲者を出してしまう。地元の警察署長ブロディ、海洋学者フーパー、漁師クイントの3人は、サメ退治のため大海原に乗り出す。

登場人物 編集

ブロディ(ロイ・シャイダー
赴任間もない地元の警察署長。海水浴場における人食いザメの危機を再三アミティ市に申し入れるが、事なかれ主義的な市長から拒絶される。サメ被害が甚大になると、市長からサメ退治の許可を受け、サメ退治に乗り出す。子供の頃に溺れた経験がトラウマとなっており、水が大の苦手。原作では41歳。
クイント(ロバート・ショウ
地元の漁師。海の荒くれ男で、鮫狩りの達人。懸賞金目当てにサメ退治に乗り出す。若い頃、太平洋戦争中にインディアナポリス号に乗船していた経験があり、同船の沈没事件の際に鮫の恐ろしさを知ったらしい。経験豊富だが他人の忠言に耳を貸さない強情さが目立つ。原作では鮫との戦いの最中にロープが絡まり、海中に引きずり込まれて溺死したが、映画では船に乗り上げてきたサメによって派手に喰い殺されるという最期を迎える。
マット・フーパー(リチャード・ドレイファス
海洋学者。最初に捕らえられたサメは問題のサメと違うことを見抜く。ブロディやクイントとともにサメ退治に乗り出す。優男な学者で、基本的には学術的知識をベースに行動するが、実行力があり、大胆な選択もする。原作のクライマックスでは、鮫に檻を破壊されて喰い殺されてしまうが、映画ではその檻から辛くも脱出に成功し、奇跡の生還を遂げるように変更された。
エレン(ロレイン・ゲリー
ブロディの妻。原作ではフーパーの兄の元ガールフレンドであり、そのフーパーにアバンチュールを求めて、夫の目を盗んだ不倫関係になる。原作では36歳。ただし美人で外見は30歳くらいにしか見えない。

影響 編集

直接の続編に『ジョーズ2』がある。物語や登場人物は受け継がれているものの、監督はヤノット・シュワルツに交替している。正統的な続編は4作目まで製作されたが、スタッフや設定も一新されており、3以降の人気は低い。また、ジョーズの大ヒットを受け(当時パニック映画がブームとなっていたという下地はあったものの)この映画公開以後、動物が人々を襲うという内容の動物パニック映画が乱造された。サメを題材した映画に限っても20本を超えるほどであり、ジョーズの続編ではないのにも関わらず、「ジョーズ」を冠した映画も幾つか存在する。

ジョン・ウィリアムズによるテーマ曲はあまりにも有名で、今でもテレビやラジオなどでサメの登場場面の他、何かが迫ってくるなど緊迫感が高まる場面に使用されている。

映画監督の野村芳太郎と脚本家の橋本忍はこのジョーズを劇場で鑑賞し、「全てOKカットで繋いでいる映画だ」とお互いで同じ感想を漏らしあった(通常、映画は撮影に於いてテイクを重ね、本来ならNGで撮り直しだが予算や時間の都合上、「仕方無く」OKにせざるを得ない『NGカット』が存在するが、ジョーズはその『NGカット』が見受けられなく、全て妥協点の無い『OKカット』で繋がれている、と2人は分析している)。

メディア展開 編集

アトラクション「JAWS」(「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」)
「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」で稼働中のライド型アトラクション。米国の「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」で稼働中のオリジナルアトラクションを移植したもので、時間軸としては第一作の数年後と考えられる。鮫の恐怖も忘れ去られ平和になったアミティで、ゲストたちはクルーズの途中に『あの鮫』に遭遇してしまい、ボートで逃げまわるという内容。高圧電線を銜えているなどイメージ的には映画「ジョーズ2」に近い演出となっている。提供:ANA
CRぱちんこJAWS京楽産業.
2006年8月にリリースされた、映画「JAWS」の正式ライセンスによるパチンコ台。劇中のリチャード・ドレイファス扮するフーパーにそっくりな人物等が登場。ジョン・ウィリアムズのテーマ曲も使用されている。京楽が過去にリリースした爆裂機「CRぱちんこウルトラセブン」に似た構成となっおり、大当たり確率は低いが当選後の連チャン確率が高く、賭博性は高めの機種。ただし製作会社の京楽は本作の直後に発売する「CRぱちんこ華王・美空ひばり」に注力するため、本作は6万台で早々と生産を打ち切っている。

キャスト 編集

役名 俳優 日本語吹き替え
日本テレビ版 TBS版  テレビ東京版  DVD版
マーティン・ブロディ ロイ・シャイダー 滝田裕介  津嘉山正種 羽佐間道夫 谷口節
クイント ロバート・ショウ 北村和夫 内海賢二 瑳川哲朗 内海賢二
マット・フーパー リチャード・ドレイファス 樋浦勉 古川登志夫 堀内賢雄
エレン・ブロディ ロレイン・ゲリー 寺田路恵 弥永和子 高島雅羅 佐藤しのぶ
ヴォーン市長 マーレイ・ハミルトン 細井重之 吉水慶 坂部文昭 佐々木梅治
ショーン・ブロディ ジェイ・メロ 中村友和
マイケル・ブロディ クリス・レベロ 池田真
ベン・メドウズ カール・ゴットリーブ 加藤正之
ヘンドリックス ジェフリー・クレーマー
クリシー スーザン・バックリーニ
  • 翻訳:飯嶋永昭 演出:中野寛次 音効:PAG 日本語版制作:東北新社
  • プロデューサー:上田正人(TBS) 翻訳:木原たけし 演出:福永莞爾 制作:東北新社 TBS
  • テレビ東京版:初回放送2004年5月13日(木)テレビ東京「木曜洋画劇場
  • 翻訳:小寺陽子 演出:小林守夫 調整:阿部直子 日本語版制作:東北新社
  • DVD版:2005年8月26日発売 DVD「JAWS 30thアニバーサリー・スペシャルエディション」

スタッフ 編集

続編 編集

外部リンク 編集


テンプレート:スティーヴン・スピルバーグ監督作品テンプレート:Link FA テンプレート:Link GA テンプレート:Link GA

ar:الفك المفترس (فيلم) bg:Челюсти (филм) bn:জস (চলচ্চিত্র) ca:Jaws (pel·lícula) cs:Čelisti (film) cy:Jaws da:Dødens gab de:Der weiße Hai el:Τα σαγόνια του καρχαρίαeo:Jaws es:Tiburón (película) fa:آرواره‌ها fi:Tappajahai (elokuva) fr:Les Dents de la mer he:מלתעות (סרט) hr:Ralje (1975) hu:Cápa (film) id:Jaws it:Lo squalo ko:죠스 (영화) la:Jaws (pellicula) lv:Žokļi (filma) nl:Jaws (film) no:Haisommer pl:Szczęki (film) pt:Tubarão (filme) ro:Fălci (film din 1975) ru:Челюсти (фильм) sh:Jaws simple:Jaws (movie) sk:Čeľuste (film) sv:Hajen tr:Denizin Dişleri uk:Щелепи (фільм) vi:Hàm cá mập (phim) zh:大白鯊 (電影)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。