FANDOM


ブリジット・ジョーンズの日記
Bridget Jones's Diary
監督 シャロン・マグアイア
脚本 ヘレン・フィールディング
アンドリュー・デイヴィス
リチャード・カーティス
製作 ティム・ビーヴァン
ジョナサン・カヴェンディッシュ
エリック・フェルナー
製作総指揮 ヘレン・フィールディング
出演者 レニー・ゼルウィガー
コリン・ファース
音楽 パトリック・ドイル
撮影 スチュアート・ドライバーグ
編集 マーティン・ウォルシュ
配給 ユニバーサル映画
公開 2001年4月4日 [[image:テンプレート:Country flag alias United Kingdom|border|25x20px|テンプレート:Country alias United Kingdomの旗]]
2001年9月22日 [[image:テンプレート:Country flag alias Japan|border|25x20px|テンプレート:Country alias Japanの旗]]
上映時間 97分
製作国 テンプレート:GBR
テンプレート:FRA
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $281,929,795[1]
次作 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

ブリジット・ジョーンズの日記』(Bridget Jones's Diary)は、2001年ロマンティック・コメディ映画。イギリスの女流作家ヘレン・フィールディング同名小説の映画化。

当初、アメリカ人のレネー・ゼルウィガーがブリジットを演じることに批判もあったが、ゼルウィガーは大幅に体重を増やしてブリジット役に取り組み、高い評価(アカデミー主演女優賞候補など)を得た。

ストーリー 編集

テンプレート:ネタバレ

キャスト 編集

役名 俳優 DVD版吹替
ブリジット・ジョーンズ レネー・ゼルウィガー 松本梨香
ダニエル・クリーバー ヒュー・グラント 森田順平
マーク・ダーシー コリン・ファース 井上倫宏
ブリジットの父親 ジム・ブロードベント 川久保潔
ブリジットの母親 ジェマ・ジョーンズ 斉藤昌
シャザー サリー・フィリップス
ジュード シャーリー・ヘンダーソン
トム ジェームズ・キャリス
ナターシャ エンベス・デイヴィッツ
本人役 ジェフリー・アーチャー(カメオ出演)
本人役 サルマン・ラシュディ(カメオ出演)
  • DVD版吹替:後に発売されたBlu-rayには収録されていない。

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 "Bridget Jones's Diary (2001)". Box Office Mojo. 2009年12月11日 閲覧。
テンプレート:Movie-stub

テンプレート:Link FA

ar:مذكرات بريدجيت جونز (فيلم) ca:Bridget Jones's Diary cs:Deník Bridget Jonesové cy:Bridget Jones's Diary (ffilm) de:Bridget Jones – Schokolade zum Frühstückes:El diario de Bridget Jones fi:Bridget Jones – elämäni sinkkuna fr:Le Journal de Bridget Jones (film) he:יומנה של ברידג'ט ג'ונס hu:Bridget Jones naplója it:Il diario di Bridget Jones (film) nl:Bridget Jones's Diary (film) pl:Dziennik Bridget Jones (film) pt:O Diário de Bridget Jones ru:Дневник Бриджит Джонс (фильм) sv:Bridget Jones dagbok tr:Bridget Jones'un Günlüğü uk:Щоденник Бріджит Джонс zh:BJ單身日記 (電影)