FANDOM


倫敦の人狼
Werewolf of London
200px
「魔女の土牢古典映画美術館」(ロンドン)で展示されている「倫敦の人狼」の狼男の蝋人形
監督 スチュアート・ウォーカー
脚本 ジョン・コルトン
ハーヴェイ・ゲイツ
音楽 カール・ハヨス
撮影 チャールズ・J・スチューマー
公開 1935年5月13日 Flag of the United States
上映時間 75分
製作国 Flag of the United States アメリカ合衆国
言語 英語
allcinema
キネマ旬報
AllRovi
IMDb
  

倫敦の人狼(Werewolf of London)』は、ユニバーサル映画が製作し、1935年5月13日に公開したアメリカ映画。 白黒、75分。

概要編集

ヘンリー・ハルが主演の 「狼男映画」である。ジャック・ピアスが施した狼男のメーキャップは、『狼男』で施したものと似ているが、映画史の専門家は『倫敦の人狼』のほうがおぞましいと考えている。

この映画は、当時のハリウッドのメインストリームのうち、現存する作品の中で最も古い狼男映画とされている。(なお、フィルムが現存していないものを含めると、1913年のThe Werewolfが最も古い)

「狼男」の特殊メイクは、『フランケンシュタイン』(1931年)などで知られるジャック・ピアスが担当。当初ピアスが施そうとしたメーキャップは、「表情をわかりにくくすべき」という少数派の意見を取り入れたため没になった(ただし、その案は後で『狼男』に流用された)。この際、「狼男」役のヘンリー・ハルは、この特殊メーキャップに時間がかかって不満だった[1]

狼男の吠え声は本物のオオカミの鳴き声と、主演のヘンリー・ハルの叫び声を混ぜるという、あまり使われていない方法だった。冒頭文における村人の会話はチベット語とされているが、実際は広東語だった。

あらすじ 編集

キャスト編集

その他編集

この映画のタイトルは、 ウォーレン・ジヴォンの1978年のヒット曲"Werewolves of London"や、1981年の映画『狼男アメリカン』などのネタ元となった。

水木しげるは『東西妖怪図絵』(読売新聞社)で、本作の狼男を「狼男」のイラストのモデルに使っている。

脚注編集

  1. Clemens, Carlos (1968). Horror Movies: An illustrated Survey. London: Panther Books, 119–20. 

外部リンク編集

テンプレート:Movie-stubde:Der Werwolf von Londonet:Werewolf of London fr:Le Monstre de Londres it:Il segreto del Tibet pl:Wilkołak z Londynu ru:Лондонский оборотень

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。